• メインビジュアル
  • メインビジュアル
  • メインビジュアル
  • メインビジュアル

政七屋のこだわり

創業 文政11年(1828年)代々受け継がれる
職人の経験と技による伝統製法にこだわりました。
一般では、かまぼこに使われる上質な白身魚のすり身を石臼で丁寧に練り上げ、
独自の旨みと食感を生み出します。
古くからご愛顧いただいております、いわしはんぺんは新鮮な青魚の風味と旨みを
最大限引き出すため、
手作りによる昔ながらのせいろ蒸しにこだわりました。
この機会にぜひご賞味ください。

店主 政七